各駅停車の「ひとりごと」

目には目を、熊には熊を(ひとりごと)

IMG_1772.jpg


熊2頭を先頭に押し立てて、進め!新たな俯瞰場所を目指して!


撮影:平成29年3月5日


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


電話の主は、我が師、高辻さんでありました。
内容は「これから新たな俯瞰場所を目指す。高月の7番11番に集合せよ」というものでした。

我が師の指示とあればイザ鎌倉、何をおいても駆け付けなければなりません。

駆け付けた7番11番では、俯瞰のベテラン2人が地図や地形図でさっそく検討を開始。

私はその横で、ゴホッ、ゴホゴホ・・・・・

「大丈夫なの?」(た)
「憂行さん、病み上がりなんですよ」(ひ)
「イヤイヤ、病み上がりじゃなく、病んでる最中ですよ、ゲホッ。もう一ヶ月も咳が止まらなくて・・・医者にはこれ以上長引いたら肺がヤバイと言われてます・・・」(ゆ)

「やめとく?1時間は登るよ・・・」
「大丈夫、行きますよ、二人とも行きたいでしょ?」


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


じゃあ行こう、ということで、登山口に向かって高辻号を先導に車を走らせます。
高辻さんは新たな俯瞰場所を求めて、2年前にロケハン縦走を敢行したそうです。すばらしい熱意です。

高辻号は自分の村のように細い道を右に左に曲って進んでいきます。
3日前の晩御飯は覚えていないのに、2年前のロケハンは覚えているんだ・・・

登山口に到着、熊鈴をつけて登りだします。
歩きだしてすぐに写真の看板が。

目には目を、熊には熊をということで、熊2頭を先頭に押し立てて、グイグイ進んでいきます。

大丈夫かい?
やさしいお二人は何回も振り返って聞いてくれました。

でもね、意外や意外、ちゃんとついて行けました。汗をビッシリかいて、かえって体調が良くなったようです。
(事実、撮影後の帰り、急斜面の登りでは先頭を行くほど絶好調になったのです)

かなり登ったあと、急斜面を降りて目標地点に到着という予定でした。
2、3回の休憩後、登りきった感じでしたが、師匠が「降りるポイントどこだったかなあ?」などと言い出すので心配になりましたが、何とか無事到着。

ちょっと疲れたなあ・・・キャッチボールというより全力で100球は投げた感じです。
あれ?300球じゃなかったの?

そうなんです、実は残りの200球は帰りなんです・・・

でもさすが、いい眺めです。

あとはC56がいい煙でやって来るのを待つばかりとなりました・・・・・(つづく)


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/16(木) 07:00:00|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:0
<<春待つ湖北路(北陸本線) | ホーム | 美しく青きイブキ(北陸本線)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

憂行写人

Author:憂行写人
約40年ぶりに復活した蒸気への熱い想い。
拙い写真と文章ですが各駅停車でボチボチと発表していきます。

「蒸気機関車写真館・偉大なる昭和遺産」という私のホームページでは写真をまとめて整理しています。
よかったらのぞいてみてください。

最新記事

コメント(ありがとうございます!)

カテゴリ

北陸本線 (242)
山口線 (328)
大井川鐵道 (209)
ひとりごと (120)
現役蒸気 (21)
若桜鉄道 (6)
京都鉄博(梅小路) (6)
秩父鉄道 (2)
駅・STATION (28)
北条鉄道 (3)
その他 (1)
未分類 (0)

おすすめ!ナイスなブログ

このブログをリンクに追加する

累積ご来場者様

いつもご覧いただきありがとうございます!

月別アーカイブ

フリーエリア